COLUMN
コラム

2022.05.06

SDGs CARAVAN報告

昨年4月からスタートしたSDGs CARAVAN。
毎月4~10現場を訪問し、現場の取り組みについてヒアリングしてSDGsの意識を高めるために活動を行ってきましたが、今年度もさらに意識を高めるために毎月各現場を訪問し、社内外へSDGsについて理解・浸透のために実施します。

今回2022年度4月のSDGs CARAVANは13回目です。

4月26日、4月27日の2日間で、建築部1現場、土木部2現場、リニューアル部1現場の計4現場を訪問し、現場でのSDGs取り組み状況をチェックしてきました。
FURUGORI SDGs 2nd Year CHECKLIST
今回SDGs CARAVAN訪問の際、工事着手したばかりの現場や着手前の現場もありましたが、昨年度より意識が上がっていることを感じました。
 

今後もSDGs CARAVANを通じて、スタッフが「自分ごと化」することにより、今できていることに気づき、それを継続的に行ない、発展させていき、建設業という仕事を通じて世界の課題を解決できるよう、取り組んで参ります。

現場での取り組み事例は以下の通りです。


現場事務所の雨樋の水をタンクに貯留。仮設トイレの洗浄水になどに利用。

 
現場でペットボトルキャップを回収し「ふっかちゃん子ども基金への協力」


現場仮囲いにフラワープランター(生花)を設置して環境美化向上。

 
休憩所のベンチは担架になるものを採用するとともに、現場連絡車には不織布性の折り畳み担架の常備。万が一に備えます。

 
最後は、各現場の取り組みで特化している目標についてボードで明示。

SDGs CARAVAN とは?
スタッフがSDGsを「自分ごと化」し自主的に発展させていくことで、世界の抱える問題を少しでも改善できることを目的としたのがSDGsキャラバンです。ブランディングチームとデザインマネジメント部が各現場へ赴き、現場内で取り組んでいるSDGsをチェックした後、17ゴールのうち特化している取り組みをボードに貼り出し、見える化するものです。