COLUMN
コラム

2013.07.21

建築部 周藤 勝

Furugoriメンバーの自己紹介を、数珠つなぎの輪でリレーしていきます。原稿作成も写真も、各メンバーのオリジナル。職人気質溢れる者から、職場の雰囲気作り約まで、様々な個性を紹介します。

現場の仕事は命がけ

第16回担当 建築部 周藤 勝です。

◆名前:周藤 勝
◆生まれ育ち:群馬県太田市
◆血液型:B型
◆家族:母、妻、子供3人

古郡建設に入社し、35年たちました。
気持ちはいつでも若いのですが、いつの間にか長老と呼ばれ、あと数年で引退です。
入社以来建築一筋で、数え上げればきりがありませんが、学校、病院、マンション、工場、店舗、幼稚園、個人住宅、等、あらゆる種類の工事を手がけてきました。

今工事中の東入間警察署庁舎新築工事の状況を紹介します。 実は3年前に、西入間警察署新築工事を行い、また警察署の工事を出来るとは思ってもいませんでした。
この現場の特徴は、総合評価の課題でもある、近隣の住民に対して、工事の影響による環境悪化予防と改善。もう一つは工事現場が、どのような社会貢献が行えるかということです。具体的には、防犯ステーションを設置し、付近の子供や住民が緊急時に駆け込み、避難できるようにしています。作業所のパートナー会社を含めた防犯協力隊を結成し、夕方、現場周辺の防犯パトロールを実施しています。測音・振動計測計の設置、夜間防犯灯の設置、等の近隣対策を行っています。また暴力排除協議会を結成し、暴力団等による被害防止と、暴力団排除活動を展開しています。

最後に私のモットーは、遊びも仕事も命がけ、人生は短いです、悔いのないように生きることです。私はあと2、3年で引退しますが、我が古郡建設は永久に不滅です。