COLUMN
コラム

2013.04.01

大平 翼

2013年4月入社 建築部建築工事担当
岩手出身 埼玉県立大宮工業高等学校建築科卒業

学生時代に打ち込んでいたことは?
3年間を通して学校を休まないことを目標にしていたことです。学校まで約15分の自転車通学でしたが、結果、欠席0回で3年間を通しました。特に何のためということでは無かったのですが、学校生活が楽しかったので達成できた思っています。

部活とかには入っていなかったので、他に頑張ったことと言えばアルバイトです。近所のスーパーでのレジ打ちでしたが2年生から3年生の終わりまで続けていました。
学生時代を振り返って最も楽しかった思い出は文化祭です。自分たちのクラスでは、その専攻を駆使(?)して、カウンターやテーブルを設計から起こしたチョコバナナショップを開いていました。一般開放で来てくれたお客さんたちがとても喜んでくれて、大盛況のうちに終了となりました。

古郡建設との出会い、入社したきっかけは?
親が建築系の仕事をやっていたので、この分野の仕事に少し興味を持っていました。ただそれまでは漠然と建築の仕事をするのだなあと思っていた程度でしたが、建築科で学んでいたこともあり、3年生になってから施工系の仕事に就きたいと強く思うようになりました。
就活は3年生になってから開始。インターネットで求人情報を探していたところ、古郡建設のホームページを見つけました。そこで病院や工場、大型商業施設など、広範囲に展開していることを知り、また社内イベントなどが多くて、とてもいい雰囲気の会社だと感じ大きく興味を持つようになりました。加えて以前熊谷工業高校にいた先生から、埼玉における業界の老舗で良い会社だと聞いたことも後押しとなったと思います。
面接は、二人の工事長面接と社長面接だったと思いますが、内容は緊張していてほとんど覚えていません。ただ会社の建物としてのデザインが斬新でとても印象深かったことは今でもよく覚えています。

入社してからは?
入社式は実感があるようで無いような…緊張もあったせいで何か不思議な気持ちでした。ちなみにここでの自分の決意は「『監督』というものが何をやるのかきちんと知りたい!」「まずは仕事を覚えたい!」でした。

研修期間は新人4名で建築と土木の現場をそれぞれ2週間ずつ、その後建築担当2名のみで建築現場での研修を2週間受けた後、正式に配属となります。 最初の研修では、トランシットやレベルなどの機械を使い方を習います。その時に細かいことですが寸法の測時はスケールを0では無く100に合わせることを初めて知りました。これは学校では教えてもらっていないことです。現場で感じたことですが、学校では机で聞いて書いて覚えることが重要でしたが、ここでは見て体を動かしてやることが重要です。これまでに聞いたことあるけど初めて見たり触れたりするものも多くあり、現場でのわくわく感は毎日のようにあります。
古郡建設の研修の特徴は、自分たち新人に先輩が「里親」として現場同行してくれることです。新人の側に立った形で案内していただき、建築の研修現場では建築の人が、土木の研修現場では土木の人が付きっきりでいろいろと教えてくれる、とてもありがたい制度だと思いました。

最初の配属は東入間警察署の現場。基礎が終わって、1階の立ち上がりのコンクリートを打つあたりからの参加でした。写真を撮って現場を見て、覚えて、とにかく工事の流れを理解する!まずはここだ!と学習しました。また暑い時期でしたので熱中症対策など健康管理に関することもいろいろと教わりました。
2階の立ち上がりのコンクリートを打つ手前で熊谷にある農業大学の現場へ異動することになりました。ここでは仕上げの段階から入りましたが、建具を入れたり、塗装やクロス張りなどの工事を行っていました。木造の現場であったため、めったに見ることが出来ない貴重な体験が出来たと思います。
今は、また東入間警察署に戻ってきて、勉強の日々が続いています。

新人の私が今現場で心がけてやっていること。それは自分でやれる仕事を必死になって探して進めることです。自分から進んで物事を行うことで、少しずつですが「自分の考え」で動けるようになってきていると思います。また、責任感も強くなってきたと感じています。特に写真撮影は自分の判断で押さえられるようになってきました。完成すると見えなくなる場所の撮影など、先輩から指示を受ける前に動けている!ちょっと気持ちがいいです。

実は東入間警察署の現場で初の大ミスをやってしまいました。ある寸法を上司の許可の上で私が出すことになりましたが、スケール合わせの段階で間違をおかしてしまったようです。
わかったのが次の現場に自分が異動になった後なので、対応のため先輩に大迷惑をかけてしまったなァと…。先輩は自分の確認ミスだと言ってくれましたが、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しばらく落ち込みが続きましたが。先輩のありがたいフォローもあり、改めて責任感を持って仕事に就く決意となりました。

これからどのような「自分」になりたいと思いますか?
図面を見て、自分で考え少しでも職人さんに指示できるようになりたい、工事の流れを覚えて早く一人前になりたいと思います。

古郡建設や建設業界へ進もうとを考えている人にメッセージを
現場はとても楽しいです。現場でしか見られないことがたくさんありますし、工程が進みどんどんと完成に向けて変わっていくのを自分の目で見られるのはとても楽しいことです。
自分がやりたいことは、何かをやりながら見つけていくのも良いことだと思います。