COLUMN
コラム

2015.04.01

伊藤 大輔

2015年4月入社 建築部
埼玉県秩父市出身/埼玉県立飯能南高等学校卒業/
中央工学校 建築工学科卒業

どのような学生時代でしたか?
幼稚園の頃から高校まで、サッカーをやっていました。いろいろなポジションをやりましたが今はフォワードです。自分としてはストライカーでしょうか(笑)。
サッカーに興味を持ったのは5歳上の兄の影響だったと思います。当時の憧れの選手はベッカムやジダン。ジダンのマルセイユルーレットなどは、よく真似をしたりしていました。中学までは地元のクラブチームに入っていて、かなり頑張っていたと思います。でも基礎練習が多くなってきて、自分としてはもっと楽しくやりたいという思いが強くなり…大好きなサッカーでしたが、1年生の時にクラブチームを辞めることにしました。

辞めてからは…その頃足が速かったので、学校で陸上をやろうと思っていました。中一の時に100メートルが12秒台。陸上部が無い学校だったので、呼ばれて県大会まで出たりもしていたので。

そんな時に少年団時代の先輩から「やっぱりサッカーはイイものだから、こっちで一緒にやろうよ」と誘われて、学校のサッカー部に入部。先輩から誘いを受けたことも大きいですが、自分の居場所がそこに見つかった感じでした。学校だからこその良さというか、練習をやるだけではなく、友達がいることの楽しさみたいな…自分が必要とされている…そんな感じ。正直なところ、クラブチームを辞めて学校の部活に入るのは、自分にとっては一大決心でしたが、その年に県大会に行けたのは大切な思い出となりました。

サッカーに戻ると、ひとつ上の代の人たちと混ざってやっていましたが、やっぱり楽しかったです。もっと続けていきたいと思い、高校に進学してもサッカー部に入り、県大会で2回戦まで進みました。その頃のポジションはサイドハーフとサイドバック。

ちなみに進学した飯能南高校は完全に体育会系、規律や先輩後輩関係がすごく厳しい。こりゃ自衛隊だな…って(笑)。例えば体育の授業、まず初めに音楽無しのラジオ体操…自分達のかけ声だけの。そして集団走…みんなで声と足をそろえて校庭を走り、声が小さいと先生に笛を吹かれてそこに集合→腕立て伏せ!声が大きくなってきたら集団走の続きへ。そんな感じでした。 そんな厳しい学校でしたが、後輩に対する自分のタイプは「さわやか系」で(笑)。やることをきっちりやっていれば、あとは楽しめばいい…そんな感じの先輩だったと思います。 でも部活には相当に気合を入れて打ち込んでいて、真面目にきちんと練習をやっていました。

自宅が秩父で学校が飯能なので、通学は電車で約一時間。朝6時頃に家を出て、秩父駅から6時半発の電車で飯能へ。家からは、最初自転車でしたが、冬になるにつれてだんだんと親のクルマで駅まで…秩父はとても寒いのです!
7時半くらいに学校に着くとそこから朝練、基礎的な動きが中心です。16時半くらいに授業が終わるとまた部活。さすがに昼連は無かったです(笑)。

高校生活でよく話題に上がる“文化祭”も、部活がメイン…招待試合とか。1年生と2年生は試合の運営とかの裏方、3年生は試合。そんな感じなので一般に周りがイメージする高校の文化祭とはちょっと毛色が違うかも。それから修学旅行…旅先は沖縄!…でもサッカー部の顧問の先生が引率だったので、朝起きたら早速朝練(笑)。砂浜こそ走りませんでしたがホテルの周りを!今となってはいい思い出ですね。

伝統的にそれなりに強いチームでしたが、自分達の代の時はそれほどでもなくて…いい成績が残せなかったのが少し残念でした。
正直、部活も生活もある意味辛かったかな…上からの重圧で(笑)。でも何だかんだいい思い出です。一緒にやってきたチームメイトもそうだけど、クラスメイトのみんなも、この辛さを頑張っているぞ!みたいな。辛さの共有とでもいうのでしょうかね(笑)。実際に仲間がいたので3年間頑張れたと思います。

建築分野に興味を持ったきっかけは?
幼稚園の時、母方の親戚が家を建て替えることになって、それを見て大工さんに憧れを持ちました。その頃からどこか頭の片隅に建築関係への興味があったと思います。高校で進路を考えた時に、改めて建築の道に進もうと決意しました。

専門学校では、将来は“大工さん”というイメージを持っていたので、2年制の「木造建築科」へ、とも思いましたが、「建築工学科」が3年制だったので、より幅広く学べると考え、そちらへ進むことにしました。
専門学校時代は設計が主でした。何もわからないところから始まりましたが、好きだったので結構良く覚えられたと思います。また、細かい作業とかも好きだったので建築模型とかを作るのも楽しかったです。
1年、2年までは設計とかも、のんびりとやっていました。でも「設計」「施工管理」「設備」の三つのコースに分かれる3年生で、「施工管理」のコースを選択したら、すごく忙しくなって…聞いてはいましたが(笑)。
「施工管理」を選んだ理由の一つは、「設計」は自分に向いていない!アイデアが出てこない!(笑)、なので大変だなと。「設備」もよくわからない。「施工管理」は幅広く、総合的にいろいろと見ることができる。なので“監督”を目指そう!と。

当時、自分の中で決めていた事があります。「学校の時間の中で、課題は絶対に終わらせること」「家には課題等は持ち帰らないこと」。通学に2時間かかるので、家に課題を持って帰るのはイヤ(笑)。授業によっては、課題が終われば時間中でも途中で帰ることができたので、どんどんやって帰っちゃおうと…。
3年の課題が多くなった時の一部を除くと、キチンとやりきれました。提出期限を全て守れたことも自慢の一つです。

専門学校の3年間は課題中心の生活でしたが、週に一回くらいで誘われたフットサルもやっていました。サッカーをハードにやることに関しては、高校で燃え尽きた感じです(笑)。心も体も一つの区切り!ボールに触るのは、あくまで趣味として楽しみながら。次のステップとして、建築という世界に一歩踏み出した感じでした。

古郡建設との出会いは?
就職先として、当初から都内は考えていませんでした。地元の秩父で探し始めて、そこから範囲を広げて行って古郡建設に辿り着いた感じです。直接の古郡建設との出会いは、学校の先生からの紹介です。昨年入社の真下さんが専門学校の同じ学科の先輩で、担当も同じ先生だったので、そんなつながりもあって。

夏が過ぎた頃に、会社訪問で初めて古郡建設に来ました。その時の大きな印象は、玄関に入ったとたんの「いらっしゃいませ!」。声の大きさにすごい“圧”を感じました。「ああ…『会社』に来たんだ」と。

その日のうちに現場見学へも行きました。土木の現場で、上武大橋の柱脚の工事でした。「でかいな…」というのがその時の感想です。そしてやりがいがありそうだなと。 もうひとつの見学先は、深谷市内の老人ホームの現場。鉄骨を建てている初期の工程でした。印象は「こんな感じで建て始めるんだな…」だったと思います。建築の基本的な工程は理解していましたが、基本は座学。プロの現場はもちろん初体験。鉄骨自体をきちんと見るのも初めて。専門学校では足場を組むくらいの事はやりましたが、こんなにだだっ広い所に組んであるのを見たのももちろん。初めてだらけで、大きなわくわく感!
2か所の現場見学を経て、この会社に決めようと思いました。

決定のさらなる理由は、会社自体が埼玉北部では大きくて安定している。過去の実績も十分で、秩父の方でも名前をよく聞く。そして何より「秩父が好き!」ということ(笑)。通おうと思えば通える。加えて、フットサルの先輩で、職人さんをやっている人達からも、古郡建設のいいイメージを聞いていたことが決め手となりました。

面接は、建築の森工事長と採用の担当の方とで。専門学校時代に資格を取りまくっていたので、そのことが話の中心でした。以下、自分の取得した資格です。
「ガス溶接技能講習修了証」「アーク溶接特別教育講習終了証」
「労働安全衛生法による免許証」「グラインダー特別教育終了証」
「建築積算士補 登録証」「商業施設士補 資格登録証」
「労働安全衛生法による 特別教育 安全衛生教育等 修了証」
「2級リビングスタイリスト証」「ビジネス能力検定 3級合格証」
「健康住宅アドバイザー 資格証」
この中の「健康住宅アドバイザー」の内容を聞かれて、あまりうまく答えられなかったことを覚えています(笑)。

その次の社長面接ではスポーツの話などが中心。今でもフットサルと社会人サッカーをやっているとか。面接というよりはリラックスした話し合いみたいな感じだったと思います。
10月に内定通知を頂き、11月に内定式、そこで同期との初顔合わせ。“一緒に楽しくやっていけそうなメンバーだな”と感じたのを覚えています。

入社までは?
社会人初日の朝は寮から始まりました。3月は本当によく遊んだため、寮には布団の準備くらいしかしていなくて。そこで目が覚めて「さあ行くか!」そんな感じでした。社員として本社の中に入り、改めて思ったことは「社会人になったんだな。」「これからここで働くんだな」。そんな感じでした。
そして入社式は…あまり緊張をするタイプではないんですが(たまに緊張すると、顔が笑っちゃう傾向があるみたいです)、…先輩から「自己紹介スピーチの時にニヤニヤしてたよ!」って言われました。やっぱり緊張していたみたいです。何をしゃべったのか、あまり覚えていません。でもそこで自分自身に決めたことがあります。「早く慣れよう。早く覚えよう。」です。 そのあとは食事会、近くの居酒屋さんで。新人メンバーと一つ上の代の先輩たちと工事長と。ここでの話の内容も、なぜか覚えていません(笑)。そして次の日からは各部署の説明とか会社のルールなどの研修。こうして社会人の第一歩が始まりました。

その後いくつかの基本マナー等の研修の後、現場研修も兼ねて行田の現場に配属されました。行田総合病院の新築現場です。内装工事の工程からでした。

そこでの自分の役割は主に現場内の清掃。そして先輩について回って「墨出し」の手伝いが多かったと思います。
「墨出し」は、学生時代に弾いたことがあるくらいで、実際に現場でやったのは初めてです。先輩からは「これが全ての基準になるから間違えられないよ!」って。あたり前ですがすごく重要な作業だと改めて感じました。
それから写真の撮影と管理。先輩から引き継いだのですが、何を撮っていいのやら…。初めのうちは先輩について回って、写真の撮り方や黒板の書き方を教わりながら。写真は検査などのときに使います。工程が進むと隠れるところ、見えなくなるところを主に撮る。例えばコンクリートを打つと隠れてしまう鉄筋だとか。見えなくなると撮影もできないので、現場全体に気を配り常にスケジュールを把握していることが大切だと教えられました。
あとは、現場内の養生などの先輩の仕事のアシスタント。

ある程度慣れてきた6月くらいから、朝礼とかも交代で任されるようになってきました。朝礼は、ラジオ体操の指揮、現場に入ってもらっている各会社の作業内容や人数、安全注意事項などを話してもらいます。そしてその日の危険なポイントを皆さんに伝えて作業スタート!って感じです。
最初は何をしゃべっていいのかわからない。全然しゃべられなかったです(笑)。

そこの現場は7月の末までで、次に今の現場「仮称:㈱クライチ伊勢崎工場新築現場」に来ました。食品工場で、かなり大きな現場です。
来た時は全くの更地状態でした。現場での流れはだいたい把握していたつもりでしたが、更地の状態からは初めて。所長や職人さんからいろいろと教わって、位置出しからの始めです!走り回りました。8月だったのでみんなで暑い暑いって言いながら(笑)。

その頃から安全管理に関わるような書類も含め、多くの書類を見るようになりました。自分でしっかりと確認をして自分の印鑑を入れます。当然ですが責任のある仕事です!

いろいろなことを教えて頂いている今の現場ですが、フォローもたくさん頂いています。マスの下の捨てコンの高さを出すのに数字を間違えてしまい、配管が入らなくなって、斫っていただいたこともあります。明らかに自分の失敗でした。職人の皆さん、その節はいろいろとありがとうございました!

今の現場の工程は内装工事まで進んできました。暑い夏には何もなかったのに、あっという間にここまで。始め更地だったのがここまで建ってくると本当にわくわくします。3月が竣工予定なので、今から本当に楽しみです。
ちなみにここ数日は、主に現場作業の流れの写真撮影と、施主さんに進捗状況を伝えるための写真撮影。仕事の流れの中で、職人さんから質問された内容を所長に確認して伝えたり、そんな現場での日々です。
今感じていることは…あまり自分を追い込まずに、きちんと気楽にやろうと思っています。失敗しても必要以上自分にプレッシャーをかけずとにかくミスなくやろう!…です。

古郡建設に入社して感じたこと
古郡建設では、仕事そのものも充実感でいっぱいですが、飲むことも好きなので、月に1回の社員会議の後にある「夢会」という会(飲み会)も、とても楽しみです。自分は毎回参加していますが、いろいろな先輩といろいろな話ができる、楽しくてためになる素敵な会だと思います。

これからどんな自分になりたいですか?
将来的には自分で会社を作ってみたいと思っています。でも今は目の前の事に一生懸命!同期の中では最初に現場を任されるようになりたいと思っています。そして、まず2級建築施工管理技士と2級建築士の資格、いずれ一級建築士と一級施工管理士の資格取得も目標です。

これからの後輩たちへメッセージを!
上司、先輩方々が見た目のイメージと違って(失礼!)優しい方々が多い!教えてくれるところしっかり教えてくれる。一緒に楽しく仕事をやって、一緒に楽しく飲みましょう!